エアースイープ

  • 魚粉(Fish Powder)

    ほとんどの流動補助装置は、重くて湿った材料に対しては効果がありません。ゴム製の流動化ディスクは軽い粉体にしか使えませんし、バイブレーターは実際に材料を詰め込んで凝縮させてしまいます。 またハンマーやアジテーターは容器の壁に大きなダメージを与えます。 このブリッジ解消テストでは、エアースイープがいかに迅速かつ安全に問題を解決できるかを示しています。

     

    エアースイープLP:  https://rossasia.mrc-lp.com/airsweep/

    ケース
    魚粉 湿度が40%の工場で、直径101.6mm(4インチ)の排出口を持つ容器に魚粉の粉末を流しました。この材料は、処理中にすでにケーキング(凝結)や粘着性の兆候を示していました。 
    チャレンジ#1
    容器をハンマーで叩いた場合と、エアーすイープを使った場合の効果を比較しました。ハンマーでは小さな塊しか排出できませんでした。魚粉は容器の出口を塞ぎ、容器の壁にはベタベタしたものが残っていました。エアースイープは、数回のパルスで容器を完全に掃除してくれました。
    チャレンジ#2
    魚粉の混合物に水が加わり、粘り気のあるペースト状になりました。エアースイープは10回以下のパルスで全てを排出しました。
  • 『エアースイープ』ー Mr. フロイーズにより詰まりや壁面付着のない製造が実現!

    材料を扱う際に問題となりがちな、ホッパー(容器)内での「材料詰まり(ブリッジ、ラットフォールや材料の壁面付着)」。

    全く新しい原理を使ったブリッジ、ラットフォールや材料の壁面付着解消法が『エアースイープ』です。 湿粉、粘性粉、塊状の材料など難排出原料に対しても効果を発揮し、材料の安定供給を可能にします。

    シーンの内容
    『エアースイープ』の総合紹介ビデオです。その全く新しい原理(Mr. フロイーズの活躍)をアニメーションで紹介します。エアースイープの仕様や実績、ブリッジやラットフォールが原因で発生する問題などをご説明いたします。
    『Mr.フロイーズ』がエアースイープの原動力です!
    ホッパーやサイロに製品や材料が詰まったとき、容器をハンマーで叩いて一時的に詰まり問題を解決していませんか?
    そのままでは、容器の損傷、安全上の問題、生産時間の損失、利益の損失といった大きな出費につながります。圧縮空気や不活性ガスを使用したエアースイープが問題を解消します。 容器の壁面と製品/材料の間に圧縮空気や不活性ガスが割って入り、製品/材料を持ち上げて、壁から浮かせて攪拌するため、湿粉、粘性粉、塊状の材料など難排出原料に対しても効果を発揮しいます!
  • 『エアースイープ』ー ブリッジ・ラットフォール・壁面付着の新解消方法の紹介

    材料を扱う際に問題となりがちな、ホッパー(容器)内での「材料詰まり(ブリッジ、ラットフォールや材料の壁面付着)」。

    全く新しい原理を使ったブリッジ、ラットフォールや材料の壁面付着解消法が『エアースイープ』です。 湿粉、粘性粉、塊状の材料など難排出原料に対しても効果を発揮し、材料の安定供給を可能にします。

    シーンの内容
    『エアースイープ』の総合紹介ビデオです。なぜ欧米市場で、エアースイープがノッカーやバイブレーターから置き換えられたのか。その全く新しい原理を紹介しながらエアースイープの特徴をわかりやすく説明します。
    全く新しい原理です!
    シーケンス制御された圧縮空気や不活性ガスを一定間隔でバーストさせることで、圧縮空気(不活性ガス)が容器の壁面と製品/材料の間に割って入り、製品/材料を壁から浮かせて攪拌することにより、製品/材料の圧力やそこから生じる摩擦によりおこるブリッジ、ラットフォールや壁面付着を解消することが可能です。