安全シリンダーリターンダブルバルブ RSeシリーズ・ 5方弁2位置ダブルバルブ

空圧バルブでシリンダーの上昇&下降を制御しています。
『空圧エネルギー』を制御するバルブにも、安全性が求められます。

  • 光学式安全装置は動作したが・・・

    安全方策は光学式安全装置だけで安心ですか?
    安全装置が正常に動作しても、『空圧エネルギー』を制御するのはバルブです。バルブの故障は事故に繋がります。

    シーンの内容
    作業者が不注意でワークをうまくセット出来ませんでした。光学式安全装置があるので、隣の作業者が手でワークを直しても機械は止まるはずですが・・・。
    空圧シリンダーの上昇&下降を制御するのは『バルブ』です。バルブが故障してしまうと、安全装置が動作しても、エアの切り替えが出来ずシリンダーは止まりません。
    労働安全/機械安全のポイント
    この場合、安全方策は電気制御『だけ』では不十分です。『空圧エネルギー』もリスクアセスメントの対象です。
  • ダブルバルブなら故障しても『挟まれ』を回避します

    バルブが故障してもシリンダーは上昇します。
    バルブ内部の弁体が二重化されています。バルブ故障時も正常な弁体が動作してシリンダーを復帰(上昇)させます。

    シーンの内容
    シリンダー制御バルブを『ダブルバルブ』にしました。
    この時、シリンダーの復帰位置を『上昇端』に設定しておくと、ダブルバルブの片側が故障しても、正常な側の弁体が動作してシリンダーを設定位置に復帰させます。
    空圧エネルギー制御の二重化(ダブルバルブ化)と光学式安全装置で、作業者の挟まれ事故を回避することができます。
    労働安全/機械安全のポイント
    RSeシリーズは2つの弁体動作を信号出力出来ます。制御回路は取り込んだ信号を元にバルブ故障時に『再起動防止』制御とすることで、バルブが故障状態のままでの操業を防ぐことができます。