L-O-X ®(高速手動圧抜き弁)

  • 決めなきゃならないのに、決められなかった。。。

    ROSSの高速手動圧抜き弁は一般的なボール弁とは全く違う形状をしているのに加え、操作部は赤色*、本体は黄色という非常停止用ボタンと同じ警告色です。(*スロースタート機能付きの操作部は青色です。)

    シーンの内容
    ある製品の製造に不具合が発生。直ぐに機械の状況確認が必要で、そのためには機械を動かす全ての動力エネルギーを遮断しなければならない。早急に対応せよとの指示を受けた。入社後すぐに、研修でどれが遮断排気弁か教わったけど、覚えてない。。。一般の3方弁も、遮断排気弁も見た目が似ていて、どれを遮断すればよいの??
    労働安全/機械安全のポイント
    空気圧遮断排気弁は、他の手動弁とは見るからに違う形、違う色の物を使用することで、忘れにくい社内ルールを作ることが大切です!
  • 想像以上に掛かる時間。。。

    ROSSの高速手動圧抜き弁の排気口径は、入口側、出口側と同等かそれ以上の大きさで、業界最速クラスのスピードで残圧を排気可能です。

    シーンの内容
    GW中の定期機械保守(整備)を行う機械保守担当者。会社のルール通り、機械を動かす全ての動力エネルギーを遮断するため残圧抜き弁を探して、供給エアを遮断、配管内の残圧エアの排気を開始。一般のボール弁では、配管内全ての残圧エアを排気するまでには想像以上の時間が掛かります。「まあ、だいたい抜けていればOK」という考えで、機械に不用意に近づくと、まだ残っている圧縮エアにより、突然シリンダが動き出すかもしれません。
    労働安全/機械安全のポイント
    若い保守担当者だけでなく、ベテランの保守担当者も経験や勘を頼りして遭遇してしまう事故です。
    このような事故を防ぐためにも、遮断弁を操作後、配管内の残圧エアを可能な限り早く排気することが大切です。また、エア遮断&排気後は、第三者による起動防止のために、遮断排気弁に鍵を掛ける、遮断弁にタグをつけて警告すること(ロックアウト・タグアウト)のルール作成も必要です。