機械安全のサイクルに
油空圧は考慮
されていますか?

近年、機械安全のサイクルを導入し始めた企業も増えてきましたが、
日本ではまだまだ少なく、また導入していても、油空圧が考慮されていない場合が少なくありません。

機械安全とは

労働災害における機械災害の占める割合は1/5程度、死亡者数は最多の墜落・転落に次ぐ二番目の多さで、機械災害による労災件数は近年増加傾向にあります。この傾向は、生産性の向上を背景に、生産設備の高度化や、機械設備の高エネルギー化、作業者の多様化が進み、今後も続くものと見られます。

機械災害は、身体の損傷の度合いが高く、死亡災害や後遺症が残る災害に繋がりやすいのが特徴です。「激突され・はさまれ・巻き込まれ・切れ・こすれ」などの災害は、機械の仕様設計の段階で適切なリスクアセメントを実施することで、そのほとんどを防止することが出来ます。

機械安全における「安全」とは、「*受け入れ不可能なリスクがないこと」と定義されます。 (*ISO/IECガイド51:1999)
「絶対安全」は存在しません。「人は間違える」「機械は故障する」という前提のもと、人がミスをしても、機械自体が故障しても、作業者の安全を守る機械設計が求められています。

作業時の注意喚起、保護具の適切な使用など、「人(作業員)」への安全教育が重要であることは今後も変わりません。しかし、安全教育は労働災害防止の観点から幅広く実施されている一方、「機械そのものの安全」については、国による「機械の包括的な安全基準に関する指針」の作成や、「労働安全衛生法第28条の2(リスクアセスメント規定)」の改正などで規定されるものの、その普及や取り組み自体は十分なものとは言えません。

機械・生産設備は様々な動力で稼働しています。電気制御だけでなく、工場には油圧・空圧で稼働する機器が無数にあるものの、油空圧機器へのリスクアセスメントが全く見逃されているのが日本の現状です。

機械類の定義

機械類の定義に関する画像
  • 非常停止により、必ず動力源が停止する
  • ライトカーテンが故障しても機械は安全に停止する
  • 第三者が侵入しているので再起動がかからない
  • 機械が停止するまでは扉は明けない

機械安全への取り組みによる投資効果

積極的な安全文化の確立への投資と現代的な方法と技術の使用は、利益とOEE( 稼働率、製造速度、品質)に大きく貢献します。

IS13849-1 カテゴリ4、
パフォーマンスレベル "e"ソリューション

油圧安全バルブシステム

  • 安全遮断・タンク戻しバルブ

    • 冗長化バルブシステム
    • リリーフバルブ付
    • いじり防止機構
    • 最大流量:約189L/min
  • 安全遮断・保持バルブ

    • 冗長化バルブシステム
    • 停電時垂直荷重保持
    • いじり防止機構
    • 最大流量:約548L/min

空気圧安全バルブシステム

  • 手動ロックアウトバルブ

    • 高流量急速排気
    • 圧抜き可視化ゲージ *オプション
    • ソフトスタート(EEZ-ON®) *オプション
    • 316ステンレス仕様 *オプション
  • 安全遮断・排気バルブ

    • 3/2 冗長化バルブ
    • Cat.4 PL”e”
    • SIL 3
    • ソフトスタート(EEZ-ON®) *オプション
  • 安全シリンダー制御バルブ

    • 5/2 冗長化バルブ
    • Cat.4 PL”e”
    • SIL 3
    • ベースマウント仕様
  • 安全落下防止バルブ

    • 4/3 冗長化バルブ
    • 安全シリンダ停止
    • Cat.4 PL”e”
    • ポペット弁構造