安全なだけじゃない!モニタ付きダブルバルブで工場の競争力を強化

機械安全

主に金属のプレス加工工場でプレス機械に搭載される制御用バルブは、プレス機械のON/OFFを担うため安全な機構でなければなりません。ロス・アジアで推奨しているモニタ付きダブルバルブは安全意識の高いアメリカやヨーロッパで必須の機能で、プレス機械の安全性を大きく高めます。また、安全なだけでなく、グローバル競争が激化していく中で工場の競争力を強化できるさまざまな恩恵もあります。ここでは、世界水準のモニタ付きダブルバルブのさまざまな特徴をご紹介します。

モニタ付きダブルバルブはなぜ安全なのか?

通常のモニタ無しダブルバルブと比べて、モニタ付きダブルバルブはどうやって安全性を向上させているのでしょうか。

 

モニタ無しダブルバルブもシングルバルブよりは安全性能が高く、片側の弁体が故障しても機械を停止させ安全を確保します。ダブルバルブにおける故障のほとんどは、エアの通り道を開け閉めする弁が動作しなくなる弁体故障。ダブルバルブに存在するふたつの弁が同時に停止することは考えにくいことから、そのほとんどは片側弁体故障と考えられます。ダブルバルブは片側弁体故障が起きてもエアをプレス機械へ通さない構造をしており、不慮の事態を防ぐことが可能です。

ただし、片側の弁体が故障していても再通電時には普通に起動してしまうのがダブルバルブの難点です。片側の弁が故障して開いたままになっているので、通電すると正常な弁体からエアが通常どおりに通ってしまうのです。もちろんこの状態は危険で、プレスの二度落ちなどの大きな事故のリスクを抱えた状態で稼働を続けることになります。

 

ダブルバルブにモニタが付いていれば、片側弁体故障を感知し、再起動させずに停止の状態を保つことが可能です。故障を抱えたまま機械が動くことがないので、安全性が向上します。

モニタ付きダブルバルブがさらに進化したタイプの「ダイナミックモニタ」も存在します。これは通常のモニタ機能に合わせて通常動作時にも「動作の正常・異常を検知する」機能を搭載しており、さらに高い安全性を誇っています。

コストパフォーマンスの向上、環境への配慮にも

モニタ付きダブルバルブのよいところは、故障後に不用意な再起動をさせないという点だけではありません。モニタはダブルバルブが故障したことをすぐさま知らせてくれるため、バルブ寿命を延ばすことにもつながるのです。

ダブルバルブが故障した状態は、モニタがなくても発見は可能です。ただ、その際は「エア漏れ」を特定する必要があり、ダブルバルブの場所によっては人による発見が難しいこともあります。モニタ付きダブルバルブであれば、すぐさま故障を発見し早めに修理に回すことができるため、バルブの寿命を延ばすことができるのです。

 

故障の早期発見という点では、モニタ付きダブルバルブは「故障の一歩手前」を発見できることもあります。弁体故障は弁が動作しなくなる故障ですが、動かなくなるのではなく、パッキンの摩耗などによる「動きの遅れ」が先に発生するケースもあります。モニタはふたつの弁が開閉するタイミングを見比べて監視しているため、このような動作遅れについても発見・通知してくれるのです。人の目では、この不具合の発見は非常に困難だといえます。

 

モニタのリセットができなかったり頻繁にモニタが作動したりするようなら、早期メンテナンスにつなげて機械寿命を伸ばすことが可能です。例えば、エアから粉塵や水分を十分に除去しきれておらず、バルブ内部を痛めるというトラブルが考えられます。他にもコイル焼損などの電気関係のトラブル、過度な高温・低音による不具合などが弁体の動作に影響します。これらの原因を特定し対処することで工場の生産性が向上し、ランニングコストの削減にもつながるのです。

なお、故障や不具合を早めに発見して修理することができれば、産業廃棄物を減らして環境への負担を減らす結果にもつながります。部品の摩耗などが進んだ状態では修理が難しくなるので、環境配慮の面でもモニタ付きダブルバルブは優秀だといえます。

 

安全性を始めさまざまな特徴を持ち、工場の競争力を高めることができるモニタ付きダブルバルブ。アメリカではダブルバルブはモニタ付きであることが定められており、ヨーロッパではさらにダイナミックモニタの設置が必須となっています。ロス・アジアでは、世界水準の安全性能を誇るこれらのダブルバルブを各種取りそろえています。既存のダブルバルブへのモニタ取り付けも可能なので、ぜひ一度ご相談ください。

弊社の製品情報は、
こちらからご確認いただけます

カタログダウンロードはこちら

関連記事を見る