安全管理をアップグレード!欧米基準のモニタ付きダブルバルブを導入しよう

機械安全

自動車産業を始めとし、日本はものづくりにおいて世界をリードしてきました。しかし、ものづくりの現場における安全管理については課題があり、十分な安全が確保されていないケースが多くみられます。現場の安全管理を高い水準に引き上げなければ、死亡事故などの重大事故を減らすことはできません。
ここでは、日本の安全管理の現状について、そして安全管理の基準を高めるための一例として、「モニタ付きダブルバルブ」についてご紹介します。

変化してきた日本の安全管理意識

世界の先進国と比べると出遅れているといわれる日本の安全管理意識ですが、2011年の東日本大震災を契機に変化が起きています。

東日本大震災以前の日本では、「作業員がミスをしないこと・機械の故障がないこと」を安全基準としてきました。しかしこれはすべてのミスや故障、事故、災害が「想定内」に収まることを前提としており、「想定外」の出来事があった際に安全性を確保するのが非常に困難になります。東日本大震災後は「想定内」「想定外」という言葉がニュースを騒がせ、多くの方の印象に強く残っているのではないでしょうか。

甚大な被害をもたらした大災害を経験したことから、もう一歩踏み込んだ「作業員のミスや機械の故障があったとき、それでも安全を確保するにはどうするべきか」という考え方が広がりました。このようなリスクアセスメントを実施することが、ものづくりの現場においても重大事故の防止につながるのです。

アメリカ・ヨーロッパと日本の安全管理を比較

上記のように変化を見せている日本の安全管理ですが、依然としてアメリカやヨーロッパからは遅れているといわれ、両者の間には数十年の開きがあるといわれることもあります。

分かりやすい例として、プレスに搭載されるクラッチ/ブレーキ制御用バルブの違いが参考になります。プレス機器の運転・停止に関わるバルブは非常に重要な部品であり、安全管理における焦点のひとつ。バルブの安全性を高めるためにはシングルバルブよりダブルバルブが優れており、故障を自動で検知するモニタがあることで安全性がさらに高まります。アメリカやヨーロッパではダブルバルブのモニタ搭載が義務化されていますが、日本では必須項目ではなく、多くのバルブがモニタ無しの状態で運用されているのです。

 

他には、機械内の空気圧を抜く「残圧排気弁」の有無があげられます。機械のメンテナンスをする際、アメリカ・ヨーロッパでは機械内の空気圧を抜く「残圧排気」が義務化されていますが、日本では必須の処理ではないため電源を切るだけの場合もあります。空気圧が残った状態でメンテナンスをすると、不慮の事態でエアが漏れたとき、思わぬ事故を招く可能性があります。

 

このような例から分かるように、日本の安全管理は重大事故を防ぐためには不十分だといえます。この点においてはアメリカやヨーロッパの基準に倣うことで安全が確保されることが多く、まずはその基準まで引き上げることが大切です。

 

高い安全性を保証する「モニタ付きダブルバルブ」

上述したモニタ付きダブルバルブについて、どのように重大事故を防ぐのかをご紹介します。

 

ダブルバルブに取り付けられるモニタは、故障を感知して再起動を防止する機能を持ちます。故障したままプレス機械が稼働してしまうと事故発生の可能性がありますが、モニタはダブルバルブ内の電気回路や空圧回路を遮断することで事故を防ぐことができるのです。ダブルバルブの故障時は排気ポートからエア漏れが発生するため、作業員が注意深く観察することでも事故防止は可能ですが、人の注意力に依存した安全管理では見逃しなどのリスクがあります。このような特徴から、モニタ付きダブルバルブは高い安全性を確保できるといえるのです。

 

どの工場においても、さまざまなシステムや規律を導入することで安全管理を行っているはずです。しかし、その安全管理で本当に十分な安全が確保できているのかについて今一度検討し、リスクアセスメントを実施することが重要といえます。ロス・アジアであれば世界基準の製品を数多く取りそろえているため、安全性に不安があればぜひ一度ご相談ください。

弊社の製品情報は、
こちらからご確認いただけます

カタログダウンロードはこちら

関連記事を見る