エアースイープで濃縮ホエータンパク質(WPC)のブリッジ解消:粘着性のある食品を切り離すエアースイープ

Case-Study(ブリッヂ解消)

ケース・スタディでは、様々な業界、様々な材料での詰まり問題において、当社の製品がどのように機能しているかを紹介しています。

 

今回は、水分と脂肪の含有量が非常に高い濃縮ホエープロテイン(WPC)の排出問題に関してです。 

チーズメーカーは非常に厄介な状況に陥っていました。濃縮ホエープロテイン(WPC)は、排出時にブリッジする傾向がありました。残念ながら、これは生産を遅らせるだけではありませんでした。固まった材料が原因で、彼らのバグハウスの1つで火災が発生しました。安全上ブリッジングは至急解決する必要がありました。    

                          

 

【 問題 】

粘着性のある成分、厳格なUSDA規制、生産停止、ホエイを外に出さない︕

多くの工場では、乳清タンパク質やその他の粘着性物質を取り除くためにバイブレーターを使用しています。ただし、バイブレータは実際にブリッジングの問題を悪化させる可能性があります。材料をまとめて、空気を降り出すことで、物質を詰め込むことになります。これは、テーブルの上で1カップの小麦粉を叩くようなものです。これは、ブラウニーを焼いている場合は機能するかもしれませんが、工場で材料の流れを改善しようとしている場合は全く機能しません。

また、FSMA、USDA、およびFDAの規格とガイドラインによると、食品メーカーは、これらの厳しい規格を満たすように設計された機器のみを使用しなければなりません。チーズ会社は、安全で効果的で、USDAが認めたソリューションを必要としていました。

 

 

 

 

 

【 ソリューション 】

USDAが承認したエアシステムは、閉塞部分を切り離し生産時間を短縮

そのソリューションは エアースイープ USDA 135でした。 湿った粉末を濃縮させ、最終的に容器を損傷するバイブレーターとは異なり、エアースイープは高圧で大流量の圧縮空気によるバーストを使用します。これらのパルスは「空気ナイフ」のようなもので、厚くて密度の高い物質でも切り離して、詰まりを取り除きます。

エアースイープ USDA 135 は、特に衛生的な機器と頻繁な清掃を必要とする用途向けに設計されています。粉ミルクを含め、世界中の多くの食品会社で使用されています。チーズメーカーは、最初バグハウスホッパー用に3台のエアースイープ USDA 135 を注文しました。これらはカップリングを使用して取り付けられ、それぞれ120度離れて配置されました。

最初のテストでは、より粘着性を持ち、水に溶けやすくなった”レシチン”で処理されたホエイ材料を除いて、エアースイープがうまく機能することが証明されました。彼らは、落下管の排出口に配置されたものを含めて、さらに3つのユニットを追加で設置しました。このことにより問題は直ぐに、完全に解決しました。

 

 

【 結果 】

最高のホエイ: チーズメーカーはバイブレータをエアースイープに置き換えました。                         

エアースイープ USDA 135を導入後、チーズメーカーではブリッジングは一切起こっていません。 現在、米国のすべての工場でエアースイープシステムを実装しています。

 

 

詳細ページにはこちらから:【エアースイープ・ランディングページ !!!

 

PDFのダウンロードはこちらから:【エアースイープ事例】エアースイープで濃縮ホエープロテインのブリッジ解消

 

弊社の製品情報は、
こちらからご確認いただけます

カタログダウンロードはこちら

関連記事を見る