エアースイープで石炭の詰まりを解消:投下資金回収期間はたったの2週間!

Case-Study(ブリッヂ解消)

ケース・スタディでは、様々な業界、様々な材料での詰まり問題において、当社の製品がどのように機能しているかを紹介しています。

 

今回は、ペンシルバニア州の発電所での石炭搬送時の詰まり問題に関してです。                                ペペンシルバニア州ベナンゴ郡スクラブグラスの発電所では、採鉱副産物である瀝青廃石炭を使用して発電しています。高度な環境制御技術により、この石炭をクリーンエネルギー源として使用しています。2003年、スクラブグラス発電所では石炭搬送に問題を抱えていて、シュートの詰まりを解決する方法を模索していました。

 

 

 

【 問題 】

瀝青炭には、高濃度の砂岩、粘土、水分が含まれています。石炭を幅508mm、長さ1.2mの供給シュートを介してハンマーミルに搬送する際、途中で材料が詰まり、オペレーターは作業を停止する必要がありました。ハンマーミル、または石炭処理システム全体が停止すると、労働者はエアランスでシュートの中に入り、シュートの壁に沿って付着した材料を削り取らなければなりませんでした。この作業は、12時間のシフトごとに15回発生し、完了までに20分かかり、プロセスのダウンタイムと人件費の増加につながっていました。

 

一般的なエアブローシステムはすでに設置されており、材料を貫通して詰まりを吹き飛ばしましたが、それでも穴の直径102mm周辺に瀝青炭が蓄積されました。また、エアブローシステム約1mの材料は全く動きませんでした。

 

 

 

 

【 ソリューション 】

同社は、ハンマーミルにつながるシュートに2台のエアースイープ(モデルVA-51)ユニットを設置しました。もしエアースイープが問題の閉塞を解決しなかった場合は、製品の返品が可能という条件でした。工場の圧縮空気を使用して、エアースイープ ユニットは30秒ごとに0.25秒の空気のバーストを発生するように設定されました。バーストあたり空気の使用量は、わずか1,133cm3/sで、これはエアブローシステムを操作するために必要な空気量よりはるかに少ない量でした。

 

巧妙に配置された各エアースイープは、材料を壁から持ち上げて吹き飛ばすことにより、最大で直径2.4mの材料を払い落としました。2箇所のエアバーストの直径がわずかに重なるように取り付けられ、緩んだ材料はシュートの出口に向かって流れ始め、材料の流れを下向きに促進しました。

 

 

【 結果 】

エアースイープを、12時間のシフト中、継続的に動作させたところ、シュートの詰まりは全く起こりませんでした。プラントエンジニアのジェフリーキャンベル氏によると、エアースイープは2週間もあれば十分採算が取れるとのことでした。スクラブグラス発電所は、工場周辺用のシュート用に追加のユニットを購入しました。

 

 

 

詳細ページにはこちらから:【エアースイープ・ランディングページ !!!

 

PDFのダウンロードはこちらから:【エアースイープ事例】AIRSWEEPで石炭の詰まりを解消

 

 

弊社の製品情報は、
こちらからご確認いただけます

カタログダウンロードはこちら

関連記事を見る