ラインマウント型ポペットバルブ 
21シリーズ

高温用(H型)・低温用(O型)タイプ

21シリーズのバルブの外観は27シリーズと同じですが、内部には金属製の部品と、特殊なシール材を使用しており、温度に対する適応範囲が広くなっています。
H型(高温用)とO型(低温用)のバルブを御用意しております。

H型(高温用)

高温での安定性を確保する為にフッ素ゴム製のシールを使用しています。

周囲温度
: 電磁パイロット型 122℃(250°F)以下 / 圧力操作型 150℃(300°F)以下
流体温度
: -17°~ 150℃(0°~ 300°F)

O型(低温用)

低温での性能確保の為に、ニトリルゴム製のシールを使用しています。

周囲温度
: -40℃(-40°F)以上
流体温度
: -40°~ 80℃(-40°~ 175°F)

真空仕様

21シリーズのバルブ構造は真空での使用にも容易に適用できます。
詳細については、弊社までお問合せ下さい。

21シリーズバルブボディー

27シリーズのバルブとは内部部品の構成が異なっております。
3/2常時閉のタイプの構造を右に示します。
ピストンシール用バックアップ・リングにはフッ素樹脂が使用されています。給気と排気のポペットはO_リングでシールされています。